妊娠線は産後に目立たなくなってくる

 

妊娠中に妊娠線ができてしまう人は非常に多いです。

 

産後に妊娠線がどれぐらいで薄くなっていくのか気になる方も多いかと思います。
もともと治らない症状ではあるものの、できたばかりの赤く目立つ状態がそのまま続く訳ではありません。

 

何のケアもしなくても、妊娠線は産後に目立たなくなってくる症状ではあるのですね。
ただ、乱れた女性ホルモンが正常になるのに比べて、消えてくるのには時間がかかったりします。

 

この記事では産後の妊娠線はケアをしなくても消えるのかについて解説をしています。
どのくらいで目立たなくなってくるかが分かるようになっています。

 

産後に妊娠線は自然と消える?

 

産後は妊娠線は自然と薄くはなっていきます。
但し、消えると言うほど目立たなくなくなることはほとんどありません。

 

妊娠線は内側の皮膚が切れた状態ですが、この部分に関してはいくらケアをしても、エステや皮膚科へ行っても元通りに戻すことはできません。

 

但し、皮膚は真皮だけでなく様々な細胞によって形成がされています。
特にできたばかりは皮膚が炎症をして赤いくっきりとした線になっています。

 

これが時間がたてば自然と炎症も収まり色は白色に変化をしてきますし、切れてガタガタになった状態の皮膚もだんだんと整ってくるようになります。
そのため、自然と消えるほどにはなりませんがだんだんと目立たなくなってきます。

 

妊娠線が白い色に変化をして薄くなるタイミングはどのくらい

 

赤い妊娠線が白い線に代わっていくまでの期間は3ヶ月ほどと考えてください。

 

人によって期間が早くなったり、遅くなったりの違いはありますが、産後に3ヶ月ぐらいたった頃には白くなり目立たなくなっている人が多いです。
ただ、妊娠線ができてから3ヶ月ではないので、気お付けてください。

 

太ったのが原因となる肉割れに比べ、妊娠線はできた後も更に出産をするまでお腹が膨らみ続けてきます。
そのため、更に新しく皮膚が切れてしまったりと、改善されていくどころか悪化をしてしまうものです。

 

妊娠中はホルモンバランスの乱れ・ストレス・運動不足など様々な肌の働きに悪影響となる習慣が続きます。
そのため、乾燥もしやすく妊娠線ができやすい訳ですが、産後はだんだんと日常の状態に戻ってきます。

 

赤い妊娠線は白い色に変化するまでは、産後の3ヶ月ぐらいかかると思うようにしましょう。

 

人によっては赤いままになってしまう人もいたりはします。
この理由は切れた皮膚が丁度血管の辺りなどで血の色が透けているのが考えられるのですが、そういった人は目立たなくなるまでに時間がかかります。

 

妊娠線の色が変化をしてもまだくっきりと目立つ

 

妊娠線の色が変化をすれば、赤い色よりはだいぶ薄くはなるものの、まだまだ目立つ状態になってるはずです。

 

急激に目立たなくなるタイミングがこの色の変化ではあるものの、消えたり遠目で分からなくなるほどではないのですね。
そこから、だんだんと時間がたてば自然と目立たなくはなってきます。

 

但し、妊娠線が自然と目立たなくなるまでには、何年や何十年とかかると思った方が良いです。

 

あなたを生んだお母さんの妊娠線は長い時間がたっているので大分消えているとは思います。
しかし、数年でそこまで消えるどころか薄くなるなんてことはないのですね。

 

自然と目立たなくはなるものの、目立たなくなるまでには長い時間がかかってしまううのが妊娠線です。
そのため、多くの人が少しでも早くどうにかしたいと思い、妊娠線ができた後のアフタークリームでケアをしています。

 

産後は妊娠線が消えるのではなく増えることもある

 

産後に妊娠線は消えるどこでではなく、増えてしまうことがあります。

 

出産をすればお腹のふくらみはへこむので、原因の部分はなくなってきます。
しかし、落ち着くまでは肌の状況も良くはなっておらず、乾燥などに悩まされやすくなります。

 

その状態でストレスや寝不足などの生活習慣に運動不足が重なり太ってしまう人も多いです。

 

そのため、産後にお腹や胸や太ももやお尻に妊娠線が増えてしまう可能性が多いにあるのですね。r
妊娠中に予防目的に使っていたクリームも、多くは産後の利用も推奨をしていたりします。

 

それは出産後も安心ができる訳ではないですし、たるんでしまった皮膚を引き締める必要もあります。
消えてよくなるどころかひどくなることもあるので、油断をしないようにしましょう。

 

妊娠線を消したいのならアフターケアをしていく

 

産後に妊娠線を消したい人は、アフターケア用のクリームに切り替えるようにしましょう。

 

今までは保湿クリームを代用していたり、予防したい人用の保湿力を重視したクリームでケアをしていたかと思います。
もうすでに出来てしまったのはどうしようもないので、気持ちを切り替えてアフターケア用でケアをしていくようにしましょう。

 

妊娠線ができたばかりは非常にショックを受けてしまうはずです。
しかし、できることはケアをしていくことぐらいで、美容皮膚科でのレーザーや炭酸ガスでも即効性がある訳ではありません。

 

多くの妊婦が通る道ですが、妊娠線を消したいと思うのであれば、アフターケア用に切り替えていくようにしましょう。
妊娠線はいくらアフターケア用でケアをしても完全に消える訳ではありません。

 

それは真皮の部分が切れているので、この部分はどうしようもすることができないからです。
ただ、きちんとケアをしてガタガタとなった肌を整えていくことで、だんだんと目立たなくなってきます。

トップへ戻る