妊娠線がかゆいのは根本的な改善をするのが必要

 

妊娠線のかゆみに悩まされる人は多いです。

 

このかゆみの原因となっているのは、肌が炎症をしているからです。
だからと言って、かゆみ対策の薬やクリームを使ったとしても、一時しのぎにしかなりません。

 

炎症をしずめればかゆみを抑えることができますが、なぜそのような状況になったのかの根本的な原因を改善しなければなりません。

 

妊娠線ができる前・できはじめ・産後とこれらの時期にはかゆみに悩まされる人はたくさんいます。
ひどい人だとかゆすぎてつらいと感じるほどです。

 

これは妊娠特有のホルモンバランスの乱れや代謝の低下や乾燥が関係をしています。
ムヒやオロナインを使えば一時的には抑えることができても、根本的な改善にはなりません。

 

この記事ではきちんと改善をする為にも妊娠線がかゆい原因から抑えるケアまで解説をしています。

 

妊娠線がかゆい原因は炎症

 

妊娠線がかゆい直接的な原因は炎症をしている為です。
肌が乾燥をしてバリア機能が低下をした状態で、刺激が与えられたことが関係をしています。

 

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣の乱れによる代謝の低下
  • 肌の乾燥

 

妊娠をするとホルモンバランスが乱れることで、肌機能が低下をしてしまいます。
また、運動不足やストレスなどの生活習慣も悪化をするので、代謝が低下をしてしまい肌が乾燥をしやすくなってしまいます。

 

肌が乾燥をして刺激から守るバリア機能が低下をしているので、洋服のこすれや雑菌などの原因で肌が炎症をしてしまいます。

 

妊娠線のできはじめはかゆみに悩まされやすい

 

そもその妊娠線ができる原因は内側の皮膚の断裂となります。
妊娠線のでき始めは色も赤くくっきりと目立つようになっています。

 

だんだんと白い色になって薄くはなってくるのですが、それは皮膚が切れて炎症をしていたのが改善されるからです。
一部、切れた部分が血管に近いと血の色が透けて赤いままの人はいます。

 

ようするに妊娠線のでき始めは皮膚が断裂をしているので、直接的な炎症をする原因となります。

 

妊娠線の原因については下記の記事で紹介をしています。
妊娠線を消す方法からクリームの口コミまで紹介

 

妊娠線ができる前もかゆみに悩まされやすいので早めの保湿が大事

 

もしもあなたが妊娠線ができる前であるのなら、早めの保湿ケアをするのをおすすめします。

 

妊娠線は皮膚の成長速度よりも、お腹のふくらみが早いので内側が引っ張られて耐えられなくなることで切れます。
そのため、予防に大切になることは保湿をして肌の弾力を高めることです。

 

妊娠をすると多くの人が予防ケアをしていますが、その理由はこの保湿をして弾力を高める為です。
もしも、できる前からかゆいのであれば、それは肌が乾燥をしていて、妊娠線ができやすい状況になっている可能性があります。

 

そのため、もしも予防クリームでケアをするつもりがなくとも、安いのでも良いので最低限は保湿クリームで使ってケアをしましょう。

 

妊娠線がかゆいのを抑えるケア

 

妊娠線がかゆいのを抑えるケアとしては保湿をすることが有効です。
保湿をすることでバリア機能を高め、外からの刺激から肌を守ってくれます。

 

おすすめとしては妊娠線のクリームを使ってケアをすることです。

 

妊娠線の予防にしろアフターケアにしろ保湿は大事なので、この点を考えて成分が配合されています。
また、産後に関してはお腹の皮膚がだるんだるんになってしまいます。

 

妊娠線クリームは産後の数か月間を使うのが一般的ですが、その意味はたるんだ皮膚を引き締める必要があるからです。
妊娠線がかゆいのを抑えるのであれば、保湿を重視して作られている、妊娠線クリームを使うのがおすすめです。

 

かゆみがひどいなら抗炎症作用の成分入りのクリームがおすすめ

 

妊娠線がかゆい時に絶対にしてはいけないのが、かいてしまうことです。
肌へ刺激を与えてしまい、余計に症状が悪化をさせてしまいます。

 

しかし、理想はそうだとしても人によってはかゆくて耐えられないほどつらいってこともあります。
我慢できないほどであれば、抗炎症作用のある成分の入った、妊娠線クリームを使うのがおすすめです。

 

私の知る限りであれば、かゆみケア成分で配合されていることで知られるのは、アロベビーのボディマーククリームです。

 

7種類のかゆみケア成分が配合された妊娠線クリームで、特にかゆみに悩まされた人達に評判が良いです。
かゆみがひどいのであれば、抗炎症作用の入った妊娠線クリームを使うようにしましょう。

 

薬やクリームで保湿ケアが大事だけど刺激成分には注意

 

かゆみには保湿ケアが大事ではあるのですが、注意をしなければならないのが刺激となる成分です。

 

保湿をする化粧品と言っても、商品によっては刺激となる成分は含まれています。
化粧品として1ヶ月使う為には酸化や保存期間を長くする為の添加物などもあります。

 

そのため、保湿や炎症をしずめることは必要ですが、できるだけ肌に優しくなることを考えて作られているのを使うのがおすすめです。

 

 

トップへ戻る