予防してもできた妊娠線を消す

 

妊娠線クリームを使ったにも関わらず、白い線や赤い線ができてしまう人は多いです。

 

もともと妊娠線は太ることで出来る肉割れと同じ症状なのですが、原因はホルモンバランスの乱れとお腹の中での赤ちゃんの成長が関係をしています。
そのため、いくらクリームでケアをしても急激に太ることとは比べ物にならないぐらいに、お腹は膨らんでしまいます。

 

いくら予防をしても妊娠線ができてしまう人は非常に多いのですね。

 

あなたのお母さんのお腹を見れば分かるように、出産をして長い時間が立っている人はこの妊娠線も大分目立たなくはなっています。
しかし、そんな何十年も待つことはできないですし、どうにかして消す方法はないだろうかとケアを始めるのが一般的になっています。

 

この妊娠線を消す方法としては美容皮膚科でのレーザーや炭酸ガスなどもありますが、高額な治療費が必要となります。
そのため、自宅でクリームを使ってケアをしていく人が圧倒的に多いです。

 

「妊娠線bye」では本気で消したいって人向けに、どんな方法があるのかや私自身も使ったクリームの口コミまで全て紹介をしています。

 

妊娠線を消すならクリームが人気だが失敗する人は多い

 

できた妊娠線を消すなら現実問題として数十万円の治療費を払うのは難しいので、ほとんどの人がクリームでケアをしていきます。
しかし、いくらケアをしても効果を実感できずに失敗をしてしまう人は多いです。

 

そもそも妊娠線クリームの種類は圧倒的に予防目的に作られているのが多いです。
妊娠をした女性のほとんどが予防目的にクリームを使いますが、その中からできた人のみがアフターケア用を使います。

 

アフターケア目的のクリームの種類の方が圧倒的に少ないのですね。
しかし、口コミで評判が良くても消したいのか予防したいのかの、どちらに評判が良いのか確認をしない人は多いです。

 

実際、予防したい人向けのクリームで評判はいい物の、悪い口コミを見るとすでに出来た人が書かれているのも多いです。
妊娠線を消したいのであればアフターケア用を選ぶようにしましょう。

 

できた妊娠線を消したいならアフターケア用を使う

 

妊娠線のクリームと言っても2つの目的に分かれて作られています。

 

妊娠中の人は予防をしたいので保湿力の高いのや市販の保湿クリームを使っていたはずです。
しかし、すでに出来たのであれば当然のことながらアフターケア用に変えていきます。

 

何の目的を使うのかによって使うクリームは異なってきます。

・できた妊娠線を消す目的の人
・妊娠をして予防をする目的の人
引用先:妊娠線を消すクリームを実際に使った体験談

 

すでに出来たのに保湿クリームでケアを続けていて、効果がでずにあきらめてしまっている人も多かったりします。

 

保湿クリームでも肌への働きがあり効果がない訳ではありませんが、よりアフタ−ケア用に考えて成分が配合したのを使うにこしたことはありません。
実際、できた後もそのまま同じのを使い続けて効き目が感じれないなどの悪い口コミもあったりします。

 

これからケアを始める人は出だしから失敗をしないようにしましょう。

 

上記の引用先の「妊娠線の味方」は実際に使ったクリームの体験談なども掲載されているので、参考にしてみる良いかと思います。

 

薬局やドラッグストアの安いクリームで妊娠線を消すケアがしたい

 

最近では通販の利用は一般的にはなっていますが、薬局やドラッグストアの市販クリームを使いたいって人も多いです。
特にニベアなどの保湿クリームであれば価格も安いので、お手軽に利用がしやすく私も使ったりします。

 

ただ、妊娠線を本気で消したいって人であればおすすめすることはできないです。

 

薬局ではそもそもの妊娠線クリームはほとんど置いておらず、多くが保湿目的のボディクリームとなっています。
肌は乾燥をすると弾力が失われるので、妊娠線の予防には保湿をすることがもっとも大事なことです。

 

そのため、予防をしたいって人であれば価格面のコスパを考えれば、薬局の安い保湿クリームはおすすめすることができます。
ただ、すでに妊娠線ができてしまった人だときちんとアフターケア用のを使うのがおすすめです。

 

そもそも妊娠線は高額な治療費を払ったとしても即効性のある方法はなく、目立たなくなるまでにも時間がかかってきます。
そのため、本気でできた妊娠線を消したいって人はアフターケア用のを選ぶのがおすすめです。

 

そもそも妊娠線の原因とは?

 

妊娠線の原因は誤解をしている人は多いです。

 

妊娠をするとお腹の中で赤ちゃんが少しづつ成長をしていきます。人によってお腹の膨らみ方は違いますが、妊娠中期頃となるとパンパンになってきます。しかし、皮膚は急激に大きくなることはできないので、内側がブチっと切れてしまいます。

 

この切れ目の部分が最初は炎症しているので赤い線となっており、だんだんと白い妊娠線へと変化をしていきます。

 

そもそもの妊娠線の原因は急激な成長により、内側の皮膚が切れてしまうことなのですね。
そのため、男性でも太ったりすればできますし、筋トレが原因となることもあります。

 

妊娠線・肉割れ・ストレッチマークのこれらえ3つはどれも同じ症状でケアも一緒ですが、何が原因になったかによって日本では呼び方が変わってきます。

 

妊娠が原因ではないのでお腹だけでなく胸や太ももにもできる

 

妊娠線と言うとお腹にできると勘違いをしている人も多いです。

 

そもそもの原因が妊娠ではなく、内側の皮膚が切れることなので、胸や太ももや膝裏など部位に関係はありません。
特に妊娠をするとホルモンバランスの乱れやストレスや運動不足などによって、肌が乾燥をしたりするだけでなく、太って脂肪がついてしまうことも多いです。

 

そのため、胸や太ももなどの脂肪が付きやすい部位に妊娠線ができてしまうことがあります。

 

もしもあなたがまだ妊娠中にも関わらず妊娠線ができたのであれば、一緒に胸や太ももの辺りもクリームでケアをするのがおすすめです。
特に乾燥をしてバリア機能が低下するとかゆみなどの症状もでてきやすくなります。

 

そのため、胸や太ももがかゆいなど感じるのであれば、妊娠線を消すアフターケアをしつつ、胸や太ももにも使っていくようにしましょう。

 

妊娠線を消す方法

 

妊娠線を消す方法としては3種類あります。

 

  1. 妊娠線クリーム
  2. レーザーでの治療
  3. 炭酸ガスの注射

 

この中での一般的なのがクリームではありますが、どんな物でも全ての人が満足いく結果になる訳ではありません。

 

人によっては症状がひどい人もいれば、肌の働きは生活習慣や老化も関係をしますし、クリームも肌に合うかなどの問題もあります。
そのため、いくらクリームでケアをしても効果を実感できないって人は、レーザーや炭酸ガスを使ったりしています。

 

皮膚科でレーザーや炭酸ガスで妊娠線を消す

 

美容皮膚科や美容クリニックでは、レーザーや炭酸ガスを使った治療もあります。

 

どちらに関しても健康保険は使うことができないので、全額負担となります。
そのため、総額では10万円をこえる高額な治療費が必要となるのが特徴です。

 

多くの人が考えてしまうのが、高額な治療費が必要だから効果が高いと思ってしまうことです。
しかし、妊娠線に即効性のある方法はなく、美容皮膚科のレーザーや炭酸ガスでも数か月にかけて、施術が行われていきます。

 

1回の治療費に関しては2万円ぐらいで受けれたりするのですが、5回や10回と複数回に分けて施術を行っていきます。
妊娠線を消す方法としてレーザーや炭酸ガスがありますが、即効性がある訳ではないのですね。

 

 

トップへ戻る